【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★

こんにちは♪
今夜は、私のロングヘアを任せている、大好きな遠藤さんと一緒に、素敵なディナーへ。
心も身体も、とにかく全身で美味しさを満喫してきました。

遠藤さんとは、時折『贅沢ディナー』しちゃいます♡

色んな素敵なお店をご存知なのですよ〜!!

本日は銀座一丁目の、山形県アンテナショップ
「おいしい山形プラザ」2階にある
ヤマガタ サンダンデロ
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_12194653.jpg

日本で一番、四季がはっきりしていると言われる山形県「食の都 庄内」の新鮮な素材を
奥田政行シェフが心から信頼する庄内の食材を生産者さんとの絆のもと厳選し、提供しているそうです。

山形は遠藤さんの故郷。
楽しい説明もしてくれて、お店の方とのローカルトークを聞いて、美味しさがグンと上がりました(笑)

毎日のメニューは決まっておらず、早朝に集まる食材をみて創造するのだそう。
頂いたコースは
------------------------------
【Citto sand moche】¥10,000〜(本日は¥11,000でした)
奥田シェフが海へ山へと走りまわって集めた食材を使ったコースです。
------------------------------
産地直送のため2日前までの予約が必要なので、遠藤さんが早々と予約をしてくれていました。

※ここからは全13皿の綺麗なお皿をご覧下さい★

それからこれも特徴的!
「ソースをなるべく使わない」のがモットーなんだそう。
とにかく食材で勝負…!

(ホウボウと冷たいカッペリーニ)
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_1223265.jpg
ソースを使わずに美味しさを表現する為に、使用する食材を1皿3種類までとし、
味を引き締めるお塩は世界中から集めた10数種類を控え目に使用しているのだそうです。

水は鳥海山の超軟水、月山山系の軟水、飯豊山の中硬水…と、お料理によって使い分けているとか。

(ズワイバニと焼き茄子 コンソメのジュレ)
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_12252451.jpg
(燻製したイワナと鯛のテリーヌ)
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_12303454.jpg

(いろんなキャベツとむきそば 枯山水仕立て)
お皿も素敵です♪
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_12312387.jpg
(鱈の白子とオランダ煎餅)
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_12491480.jpg

気がつけば、食べ物の有り難みの本質を忘れてしまう事もありますよね…

懸命に生きている美しい食材を、美味しくしてあげられない事も、もっと残念です。
大切な人に食べてもらえる食事を工夫次第で美味しく出来るなら、素敵だなぁと思います。

「いただきます」は『命を頂きます』という意味なのだから。。

私も料理をするときは、食材を大切に使用し、大事な人達を笑顔にさせてあげられたらいいなと思います。
(カワハギとハーブの『つや姫』リゾット)
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_12514980.jpg
HPにも書いてありましたが、水も光もまったく違う東京で、山形の味をそ再現するのは大変困難なのだそう。
シェフとスタッフの努力が、お食事から伝わるのでしょうね・・・

生き様が現れるのが、芸術ですもの。。。

誰かが口にする事をとても考えられた、情熱と愛情がたっぷりのお皿ばかり。

シェフのこだわりが、ただの独りよがりになっていない事が、素晴らしいと思いました。

(白カブのシンプルロースト 〜墨塩〜)
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_12593041.jpg
単純に好きな事を好きなだけやるという概念も素敵ですし、響くこともあります。

ですが、お金を頂いているならば、その原点からどう歩むかだと思います。

とくに食事や舞踊、演劇などの芸術は、同じように現物が残らないので。。
心に残すという作業は、本当に難しいですね。

(フレッシュ白トリュフの手打ちタリオリーニ)

【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_1313034.jpg
店員さんも個性派で穏やかで上品な方ばかりで、ほとんどが山形出身なのだそう。

以前から、遠藤さんの故郷に行こう!と話していたのですが、さらに行きたくなりました♡
映画『おくりびと』の撮影ロケ地としても有名ですよね。

(鱈のムニエルと庄内野菜のミネストローネ)
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_134377.jpg
ここでひと休憩のデザートサラダが登場。

柿の渋みに合わせたウイキョウ(セリの仲間)。
セリが苦手な私も食べる事が出来ました。

(庄内柿とウイキョウのサラダ)
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_1351954.jpg
(庄内フィレ肉と月山キノコのフォンデュータ)
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_1362368.jpg
(キタアカリのゴルゴンゾーラニョッキ)
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_1364916.jpg

さて、最後デザートはコチラ。

(松ヶ岡のリンゴの冷たいスープ)
【命を頂く、という事】山形イタリアンで贅沢ディナー★_d0224894_1314447.jpg
食事のペースを常に計って下さるので、こんなに沢山のお皿もペロッと(笑)

「全て食材と素直に向き合ったものばかりだから、お腹に優しいので、もたれないんですよ」と遠藤さん。
本当ですね〜!!

素敵なお店と出逢えました♡

遠藤さんに感謝です(o´ω`o)

お店のHP http://www.alchecciano.com/index.html



by chihiro_anma_ex | 2011-11-29 23:54

【安間千紘公式ブログ】


by 安間 千紘
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31