Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓

安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82

商標登録されたオリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。


プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)を大切に指導しています。


記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
大叔父の勲章。
こんにちは。

9月に入りました。
我が家はお誕生日ラッシュ。

お友達や親類も合わせたら、8月の後半からずっとです(笑)

順番にいくと、ソウルメイトの1人である仲良しシズ、義祖母(94歳!)、娘のボーイフレンド君ママ、義母、ボーイフレンド君、私、良くしてくれているYじぃ、娘、主人、親友…と、もうずーーーーーっとめでたい(笑)

確か、娘の幼稚園時代の大切な女の子友達も近かったはず(˘◡˘)

バースデーフェスタ!
カーニバル!!

余談ですが、娘が産まれた日…同じ病院ではその日娘が一番目に産まれ、そのあと立て続けに25人も誕生(未だに信じ難い!)し、病院のベッドが足りなくなって、違う科の遠い病棟に移された方々、とっても大変そうでした(汗)確かに、大混雑でした〜
双子ちゃんとかも合わせて、だったのかなぁ。。

月の引力か何かでしょうか、、なんとおめでたいのでしょう。

娘が無事に産まれた時、見上げると気づけば10人の先生に囲まれていて。
『私が暴れすぎたせいで、こんなに先生が集まってきてしまったんだ…』と反省すると、みなさん「違うよ〜赤ちゃんが可愛くて見にきたんだよ〜」と上手にごまかして下さいましたが、どうやらその後に続く沢山の赤ちゃん達に対応するために、控えてらっしゃった先生方だったようです。


…我が家は、個々のお誕生日当日にはささやかに済ませ(また美術館に行こうかと)、いつかまとめてお祝いしようと思っています(汗)

で、人生3本目の白髪を発見し、落胆している私です。。
そして自分の誕生日はすぐに忘れてしまいます(笑)


小学校も再開。
娘っこは嬉しそうに登校しています(*ˊ ˘ ˋ*)

前回、「夏休みも楽しいし、学校も楽しみだし、不思議な気分よねぇ」と呟いた娘の話を書きましたが…

私は「もっと一緒に居たいな〜、でも学校を楽しんでいるのは本当にいいことだなぁ〜あぁ、複雑。」です(笑)

「ママ、また寂しくなっちゃう?大丈夫だよ。ぬいぐるみちゃんがいっぱいいるしね。」と心配され、なだめられる私でありました(ˉˡˍˉ )

先日、亡くなった、母方の大叔父が大切にしていたものを受け取りに行ってきました。

大叔父は、昨年の秋過ぎに天国へ旅立ちました。
まだ、1年経っておりません。

いつだって助けになってくれ、支えてくれる、
私の「自慢のおじさま」でした。
d0224894_11363782.jpg

「七色の大きな龍に会ったのよ、鱗同士が重なり合う音も聞こえたんだよ。」なんていう私の話も、信じてくれる人でした。

「そうかそうか、、私はね、青年時代、富士山を両腕で抱えて揺らす夢を見たんだ。それに若き頃の天皇陛下とおままごとだってしたんだぞ。あっはっは。家にはなぁ、金色の龍が住んでいたんだ。なんて話していました。

※家に住んでいたという龍は、蛇さんでは?と疑いましたが、ちゃんと龍らしい顔があって、大きなキバとツノがあって、長いお髭が生えて、光っていたんだそう。大叔父は当時、驚いて父親を呼びに走ったそうです。。。本当に龍だったのかもしれません。。


大叔父はいつも中折れ帽子をスッと被り、長身で、年を重ねても背筋がシャキンとした人でした。
*結婚前の写真ですから、もう7年前ですね。私もすごく高いヒールブーツを履いています(汗)
d0224894_11472249.jpg

主人と結婚が決まった際、挨拶に行った時のこと。

大叔父の風貌ゆえ、なかなかの威厳が漂っている上に、ただでさえ緊張してしまう空気の中…

しばしの無言からの、

「…君の趣味はなんだね」
カコーン←日本庭園のししおどしの音(笑)

と、主人に問い(爆)

その状況だけでも「漫画みたいなことに…」と、私は色々と堪えるのに必死でしたが(笑)


主人は、ものすごい真面目な顔で膝の上の拳を少し震わせながら
「しゅ、趣味は、、千紘です!!!(私の名前)」と答えました。

私たち家族は感動を通り越して『本気でそんな風に答える人いるのか!?』と、若干引いてしまう程でしたが(笑)
※ごめんね、ごめんね。でも、そんな彼を我が家は大好きです。

大叔父は
「はっはっはっは!!!こりゃ参った!最高だ!それなら安心。君はいい人間だ。千紘はいい人を見つけたもんだ。うむ、結婚しなさい。(←なぜか大叔父に決定権)」と大喜び&大ウケ。

そして、彼のことを、愛おしそうに見つめながら

「千紘はね、ちょっと、ハッキリしてるでしょう。。女としては強すぎる位だからなぁ、、でもいいんだよ、強い方がいい。男はね、優しく受け止める、それで夫婦うまくいくんだから。。」
とニッコリ。

そして帰り、大叔父から手紙を渡されました。

『人間本来無一物』
人間は、本来、何も持たない。
裸ん坊で生まれてきたんだ。
だから生きていくのには最小限のものがあればいい。
欲張らないで、焦らないで、
仲良く生きなさい。

とありました。

夫婦であること、一緒にいること、ささやかな幸せを大切に。
大叔父の言葉は、いつも胸にあります。


そんな大叔父が大切にしていたもの。

それは、
晩年に天皇陛下から頂いた、瑞宝小綬章という勲章です。
d0224894_09321304.jpg
生前、
「それほどすごくはないけどね…形じゃないんだがね、、でも、本当にありがたいことだ。私の宝物だ。」
と、嬉しそうに見せてくれました。

そして、
「これは、いつか千紘にあげるからね」
「人生が終わったら、何も持ってはいけないのだから。持っていけるのは、心だけだから。これは千紘が持っていて。」と。

大叔父の人生の証ともいえる宝物
貰った愛情や心と一緒に、私が大切に守る。と約束をしました。

d0224894_09321831.jpg
亡くなった今、親戚一同もこのことは承知してくれており、その上で大叔父の娘家族から、とても気持ちよいやりとりの中、きちんと受け取れたことも、嬉しい出来事でした。

私の舞台にも、亡くなった大叔父の写真と共に、駆けつけてくれた優しい人たちです。大きな花束も添えてくれました。
娘のこともとても可愛がってくれて。。

私は、大叔父と最期のお別れが叶いませんでした。
代わりに、娘と主人が私の気持ちを伝えてくれました。

やはり悔やまれますが、大叔父は「それでいい、そうするべきだよ」と言ってくれたように思っています。

また、今、娘の進学が最良の道に導かれたことも、大叔父の愛情ゆえだと感じています。

どこまでも悩み抜きましたが、頂いたありがたいご縁や、様々な可能性の中、我が家にとって何を大切にしたいかを考えて選択した今の生活、、どこを境にするかはさておき、娘の笑顔と健やかな日々を思うと、これで良かったのだと…

(↓こちらは勲記)
d0224894_09322902.jpg
私が、娘の出産の時…
痛くて映画エクソシスト(怖くてちゃんと観た事もありませんが)ばりに乱れて大騒ぎした挙句、一度出かかった娘の頭が何故かターン(自転)しながら子宮に戻っていったそうで(;^ω^)

助産師さんが「戻らない!回らない!どこ行くの!」と娘に叫び(笑)

そんな声を遠くに聴きながら、あまりの痛みに私は気を失いかけ…
「あ、私、今天国にきちゃったかもしれない…」と思った瞬間、

『おぃ千紘、ほら、ちゃんとなさい。』
と、"まだ生きている叔父"が、目の前にハッキリ現れたのです。。。

それほど気にかけてくれていたのでしょうか(汗)
生き霊にまでさせてしまいました。
私も出産の時まで、無意識に、大叔父の存在に甘えていたのかもしれません。。

その話を聞いた大叔父は、小さな娘を抱いて「そうかそうか」と喜んでいました。


この勲章は、いずれは娘に託します。

そのことを、娘にもしっかり話しました。

「いつかママが、ずっとずっと後に、ずーっと後に、おばあちゃんになって、死んじゃって、薄くなっちゃった(オバケになるという意味だそう)時には、私が守るんだね。…よし、頑張る。嬉しい。」胸に手を当てて、言いました。

娘なりに、愛と心を伝承する、という意味をわかってくれたのだろうと感じました。

そうか…私は、死んじゃったら、薄くなって側にいるタイプなんだね(笑)

(…私、前髪がほちょけてますね。)
d0224894_11363310.jpg
「千紘…どんなときも、癒しと、希望を与える人でありなさい。

大叔父は、そうも言っていました。

そんな人間にはまだまだ程遠いだろうけれど、
そう在りたいと願っています。

100歳目前まで生きた大叔父から、
これからも見守られて、しっかり生きていきたいです。

毎日、命が誕生し、誰かにとって幸せな日。
毎日、命が天に召され、誰かにとって寂しい日。



今日も元気にズンズンと学校へ行った娘。

私は、娘の勉強机で、こんなことをして寂しさを凌いでいます(笑)
d0224894_11023567.jpg

数々の有名作品に携わってきた大ベテラン舞台スタッフの『Yじぃ』が、娘の入学の頃に送ってくれた可愛い小さなランドセル。

娘が色んなぬいぐるみちゃんに背負わせて、喜んでいます。
中には、これまでにYじぃからもらったお手紙を入れてあるようです(*ˊ ˘ ˋ*)

きっと、今年のYじぃからのバースデーカードもここに入れるのかな♪
※もう準備してあるで〜!と連絡をくれました。ありがとう!!
娘と1日違いのYじぃもおめでとう〜!!


今日はほちょけた前髪を整えるべく、美容院へ行ってきます(笑)

では✩.*˚

……………………………………
d0224894_16205560.jpg
スマホの方は、下記のURLからLINEスタンプの各販売ページへジャンプ出来ます☆
「ちぃちゃん家のちくびウサギ」
「ちぃちゃん家のちくびウサギ 2」「ちぃちゃん家のちくびウサギ 英語ver.」
……………………………………
オフィシャルメール(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2019-09-05 13:37
TOPへ
<< 『松方コレクション展』へ。38... レオ・レオーニ展と、ちょこっと... >>








ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」 「ちくびねこ」
以上の名称およびイラストは
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]
第5736941号
第5773726号
━━━━━━━━━━━
幼い頃から
お手紙やメモの隅っこに
ちいさくウサギを描いていました。
何気なく「ちくび」も添えていて…(笑)
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけど、なんだか可笑しかったし
相手にも、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、なんて思っていました。

大人になってからも相変わらず、気付けばアチコチに描いていて。

いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました(笑)

日々ダラダラと、長くてまとまりの無いブログ…1番伝えたい事は案外「ちくびウサギ」が代弁してくれています。

という訳で、
公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

…なのです。

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム