〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。

こんにちは。

パラリンピックも開催中。

「開会式かぁ…」色々考えてしまって、録画はせずに拝見しました。

ですが、録画すれば良かった…(泣)
色んな意味でショック。

まず、娘と二人で「音楽が綺麗ね…」と。
やはり辻井伸行さん!
柔らかく温かみのある音色、一瞬聴いただけでも気づかせてくださる。素晴らしいです。

終始一貫性があって、シンプルな中に日本らしさがちゃんと散りばめられており、パフォーマンスのあちこちに和の心、礼が尽くされている動きが取り入れられて、見ていてホッとしました。
(ふとした時にパフォーマー達の真摯な姿勢が垣間見えて、そこが一番大切なんだよねと、ようやく安心して見れたのです。)
ダンサーの(青と金の)お衣装も折り鶴のようで綺麗でしたし、車椅子の女の子もなんて健気でしょう。
デコトラには伊藤若冲!!(しかも作品のチョイスがまたいい!)ゾクゾクしました。娘も「かぁっこいい~!!」と大喜び。

また、広さを活かした配置(着席)していたことも良かった。
オリンピックではギューギューでまさに密なシーンが目立ち、会長方のお話も、海外選手だけでなく日本人数名も壇上の後ろで話を聞かずに自撮りなど自分勝手な行為をしていた選手が目立ってしまったことが、私としては一番見苦しかったのです。子供の運動会でも(たとえ、たとえ!どんなに話が長くて心に響かない内容であっても)マナーを心得て行動するよう学び、ちゃんと叱られますもの…
*故に尚のこと、話し手の努力、寄り添う心も大切ですね。娘はよく校長先生や先生のお話を教えてくれるので、響いているのでしょう。先生方には感謝です。


・・・娘は「こんな開会式なら、私、観に行きたかったな。」と。
オリンピックではショックが大きかったので余計に思ったのでしょう💦

学校観戦について様々なニュースが出回っていますが、娘の学校は不参加のようです。
たとえ参加を求められても、我が家はお家で応援することを選ぶつもりです。
素晴らしい機会であるのは変わらないので、大変残念ですが。。

娘に「もし行けたらどうする?お友達もクラスのみーーーんなも行くとしたら?」と尋ねると
…行かないよ。だって、絶対に楽しくなって先生の言うこと聞けない子や、マスク取っちゃう子もいるし、きっと私も気持ちが緩んじゃうでしょ。全部怖い。高校のお姉ちゃん達だって、みんな気をつけて頑張っているんだから。テレビでいっぱい応援するよ。」
「そうか。じゃあ一人でも、お断りするのね?」
「うん。でもね、〇〇先生(担任)はいつも『みんなの命と心を守りたい』っておっしゃっているから、うちのクラスは行かないんじゃないかなぁ。」
ですって。

実際には担任の先生の一存で決められることはないでしょうし、お考えも計り知れません。ですが娘にそれほどの信頼と安心を与えてくださっているのだなぁと、改めて気付かされ、感謝した出来事でした。

車椅子ラグビー&バスケ、競泳、ゴールボール、馬術、陸上、自転車、ボッチャ…
毎日、感動し応援しています。
どうか皆様ご無事に終えられることをお祈りしています。

オリとパラの開会式や報道の違い…連日家族で沢山語り合います。
今の日本について改めて、考える機会になりますね。

*余談ですが、開会式の時に雨が降ってしまい、参加されている選手や関係者の皆様のご体調が心配でした。
大切な楽器もびしょびしょでしたし、車椅子の女の子も滑ってしまうのではとハラハラ…
やはり競技場には開閉式の屋根をつけて欲しかったなぁ。。
お金、そこに使えなかったものかしら。。


さて!

新学期も始まりました。

夏の最後に、娘にとても嬉しい出来事があったお話です。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_09020648.jpg
以前よりブログにも記していますが、娘は書道に夢中
小学1年生の夏頃に始めました。

娘の活動に関しては、私が率先して後押しすることは一切控えています。 
モデルちゃん(ブログではほとんど触れていません)のお仕事だけでなく、お習い事も同じです。
私が幼少より芸の世界に身を埋めてきましたこともありますが、
芸の道こそ、娘にとっての運命や出逢いを妨げることなく、共に広い視野で学び感じ合いたいと常日頃から思って(願って)いるからです。

ただ、これまでずっと私の現場に同行する機会(スタッフさんなどのご配慮に感謝)や、舞台にも立たせていただきましたので、娘は幼いなりにどのような場所も神聖であると深く捉えているようで、モラルやマナーをわきまえる心だけは持っています。そこさえわかってくれたら良いのです…。

小学校へ上がったあたりから、娘が海外へ目を向ける機会も増えたため、いっそう母国日本の美しい芸術世界を学ばせたいと、今は書道と空手に絞りました。

*モダンバレエやジャズダンスは素晴らしいお師匠様の側にいられましたし、贅沢な環境で舞台にも立たせていただき、それらの経験は短くとも、娘の太い軸になっているのを感じます。
(モダンバレエの巨匠(先生)にはなんと贅沢なマンツーマン稽古をつけていただき、思い出しても恐縮と光栄の極み!)

「娘さん、踊りは?お芝居は?」なんて言われちゃうこともありますが💦
今は、私とともに現場へ出向く際に『見て学ぶ』機会だけでも娘の踊り心はぐんぐん育まれているのを感じています。
ふと素敵な音楽に出逢ったり、美しい絵画に触れたり…心の動くまま、そして娘なりに細部まで意味を持たせ、自由に舞っています。その感覚こそ大事。
そしてふとした瞬間、不思議と私の師匠である名倉加代子先生の香りを知っているかのような動きまで?
なんとも言い難き感動と衝撃。ちょっと悔しいほど(笑)

彼女のそうした純粋な世界を私なりに守りたいのです。
また身体作りの観点も含め、夫婦で考えがまとまっています。

いつ誰と、どこででも、音と一体になる感覚があれば…幸せです。
*TPOをわきまえた上でね!
↓数年前のGuamにて。ハワイアンショー終演後の音楽で、観光客&現地の方々に拍手をもらって意気揚々とフリーで踊る娘(笑)
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_00155015.jpg
実はこの夏、とある機会があり、(私は娘に指導しないと決めていたのに)3日間だけ私がコーチングをしてクラシカルなジャズナンバー(ダービー帽あり)に挑戦しました。
するとまぁ面白いこと。。ちゃんと私を先生と呼び、目の奥が鋭くなって。目一杯引いてきた矢を放つような情熱でした。
強烈に厳しい指導をしても、いっそう燃え、眠る前は横たわって目を瞑ったまま上達を試みていました(笑)
数年間、特別なお稽古も一切していないのに、覚えているのですね…つま先や指先まで大切に使い、呼吸や重心を意識しつつ『抜き』の感覚までも楽しんで、カッコつけて(笑)

母娘にとって、大変有意義で嬉しい夏の思い出です。
主人も家族も、ニッコリ。
そんな思い出は、家族だけで納めます(笑)


書の話に戻して💦

書道は私の母がなかなか達筆で(笑)、とある出来事の中で幼いなりに書の持つ力の凄さを知り、自発的に習いたいと始めました。
お稽古場選びも母にお任せし、私は時々お迎えにいく程度。

習い始めて数週間もしない頃、知らぬ間に?全国コンクールに挑戦させていただき『ダイヤモンド賞』をいただきました。
家族皆あまりにも疎く、当時はその賞の重みも今ほど理解していなかったことがお恥ずかしい。。

今回、同じ夏の全国コンクールで、『サファイア賞』を頂きました!
(受賞者を上から数えると)全国三位に相当するそうです。
↓こちらは公式サイトに掲載されているものです。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_03450875.jpg
娘曰く
『みず』はとてもお気に入り。お師匠さんも「いっちゃんらしさが出ていて良いね!」って、とても褒めてくださったの。でもね…お名前失敗しちゃったの。『小三』も『間』も『加』も、ちょっとね…悔しい。」とのこと。

確かに「ありゃ?」なお名前かな💦

「でも、どうしてもこの『みず』で出したかったのよ。きっと気持ちが伝わると思う!」と前向きでした。

今回は結果が届くのが少し遅くて、本人はかなりヤキモキしていたようです。
時折、本当にわずかなのですが、娘の目の奥に寂しさ(ダメだったかな…という無念さ)を感じる事がありました。。


昨年より光栄なことにお教室の特別選抜の錬成科に選んでいただき、娘以外はなんと全員!年に何度も様々な大会で日本一(全国一位や文部科学大臣賞など)をいただいているお姉さんばかり。本当に信じられないくらい優秀なお子さん揃いなのです。お師匠さんの愛の賜物ですね。。

特訓日などにちらりと他のお子さんの作品を見ては『ほぅ…』と美術館に来たような気持ちにさせてもらっています。参加させて頂けることが喜びです。

そして、娘は案外、ハングリーに高みを目指している様子。

素晴らしい環境ゆえに、最近はやはりその期待に応えたいという、プレッシャーに近いものもあったようです。
ちょっと娘らしくない気もしましたが、その感覚も大事なのかなと思います。


芸術に順位をつけること…私自身はどうしても、ちょっと苦手です。

芸の本質が己の心と魂を磨くことであることを見失ったり、どんな芸術も、人間性、精神性が現れることを忘れてしまう…ジャンル問わず、そうした状況がしばしば見受けられます。技術が素晴らしくても、日頃の行動や態度が伴っていないと大変残念です。
その時だけ頑張る、ではなんだか寂しいですものね。

字が綺麗=心が綺麗
書に携わっているのであればこそ、精神性、所作や身嗜みに着眼してほしいと願いますし、作品だけでなく、相手のあるお礼状や添え書き、学校の提出物などで美しさを大切にしてほしいと思います。


ですが、皆さんの作品には毎度胸を打たれますし、勿論その意義も理解しています。
目標を持ち、期日に向けて1つの作品に長期間、真摯に取り組む機会をいただけるのは、幸せなことです。

全書会の審査員の方々の心ある講評を読みますと、娘の『きっと気持ちが伝わると思う!』という純粋な想いや日々の心がけも、作品を通して受け止めてくださる温かい先生方であることが伝わり、感謝が深まります。やはり、美しき世界なのだなと。
本当に沢山の作品数(今年は昨年より4,614点の増加とあるので、合計は10,000点を遥かに超えますでしょうか?)、それを全て心を遣って評価なさるのですから、敬服です。

今回、このような素敵な賞をいただいて、娘の喜びはひとしお。
盾も素敵です✩.*˚
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_23015176.jpg
本当は悔しい気持ちも大きいようですが、
「サファイア賞、ずっと欲しかったの。だって、私たち家族の誕生日の宝石と一緒だもの。素敵よね。」
と、やはり相当プラス思考です!

私も、思わず「まるでお誕生日プレゼントみたい。本当に素敵な賞を頂いたね。。」と感動しました✩.*˚

嬉しくて、学校の宿題『夏休み新聞』にもバーンと1面に(笑)
それこそ何度もチェックし、字を整えていました。マス目って、難しいのですよね。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_09324887.jpg

個人的に、イラストもじわじわ、添え書きが『うれしい!!』ではなく『うれしい。』と冷静に止めている感じに吹き出しました(笑)

『サファイア色の虹』
まさに娘の世界で、好きです✩.*˚

コロナ禍で特別なお出かけもしていませんし、日常のささやかな喜びや発見を膨らませて記事を書こうとしていましたが、ずっと1面の内容が決まらず空けていましたので、こうして書きたい内容ができて良かった良かった💦

せっかく頑張って書いた新聞なので、お師匠さんや、義両親や友人、生徒ちゃんにも送って読んでもらいました(笑)

全国三位のタイトルが目立っていますが、あくまでも数えていくと…のようで、お師匠さんが励みになるようにこのように報告くださいました。
ですが、学年に一人しか選ばれない大変名誉な賞であることには違いないので、本当に光栄ですね。。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_04190990.jpg

ついでに、ニガウリちゃんコーナー?もなかなか頑張って書いています!

ニガウリペペロンチーノは、娘と一緒に作ったので、思い出深かったのでしょう(笑)
お師匠さんも「字が上手い!(まさかのストレートな褒め言葉w)そして、レシピもあってすごーい」と喜んでくださいました。良かったね!
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_04473278.jpg

またまた話を書に戻して(笑)

今年の頭には小学2年生の書道検定の1年を通した成績が認められ、『文字文化大賞・学校教育部門全国3位/生涯学習部門全国5位』という名誉な賞を2つ頂きました。
*やけに三位が多いですね(笑)
こうした決まりのある世界での挑戦も、とても楽しいのだそうです。

検定含め、作品を見ることは母だけにし、私は何級かなども把握しないよう、ただ見守って応援のみに徹しています。
余計なことをいってしまうとつまらないので(爆)
勿論墨対応の黒いお洋服準備や、爪や手指、ボディケア(墨を落とすのに沢山洗うし、身体より大きな作品では膝等も黒くなっちゃう)は、一緒にします💦

なんといっても
お師匠様のお人柄が素晴らしく…
「一加ちゃんは大会やコンクール、検定にもしっかり挑戦できますし、デザイン書道のような文字を遊ばせるユニークな豊かさもあるので、二刀流でいきましょう!どちらも、自分の作品に陶酔して取り組めているのが良いところ(笑)その心を守りながらサポートしてあげたいなと思っています。」と言ってくださいました。

娘の純粋な喜びを奪うことなく育んでくださる先生のスタンスに、親として何より感謝しております。
まだまだ未熟ですが、今後とも変わらず御指南頂けますと幸いです。


こちらは、最新のデザイン書道作品の一部。

さらさらっと気ままに、ほぼ一発で仕上げます。
お教室では特訓の休憩時間(息抜き)に取り組むそうで、自宅でも気軽に出来ます。
本当に、楽しくてしょうがないのだそう。
*習っていない字でも印象のままに、勢いをつけて。お見本があるものもありますが、力の入れ具合や、彩の差し場所など、結局オリジナルになっていくみたい。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_08000776.jpg

さて、今回の受賞祝いをしてあげたいと思い。。。
(夏休みも、所用ついでにちょこっとデパートへ寄る程度で、特別なお出かけはずっと我慢していましたから)


娘も大好きなザ・ペニンシュラ東京へお食事へ♡
実は、春にも文字文化大賞の受賞祝いで伺いました。

ここから、写真三昧です💦
旅行も何も行けていない日々、トリップ気分で細かく残しておきたいと思います♪

ペニンシュラ、私は以前より目上の方と伺う機会が多かったですが、コロナ禍になってからも、数回利用させていただいておりました。
安心して、穏やかにリフレッシュが出来、ありがたいです。

そういえば、娘はロビーやカフェは利用していたものの広東料理のヘイフンテラスはまだ未経験!
娘も「ママがよく座っているお席に座ってみたいの」と半個室のお部屋を希望しました💕


ホテルに電話をしてお伝えすると…
なんと「娘さんの希望される半個室もご用意しますし、お外の見える個室もご用意しておきますので、当日、娘さんとご一緒にお選びください。」と!

私はすっかり日付を勘違いしていましたが、その日はまさかのブルーインパルスが飛ぶ日(開会式)!!
個室ならば皇居の上を飛ぶ様子が見えるので、それも素敵なサプライズになるはず!という温かいご配慮でした(涙)

さらには、デザートとは別に、お持ち帰りを前提にしたお祝いのホールケーキもご用意しますと(泣)

ただでさえ、私のカフェインアレルギーに対応したメニューなどを用意いただくので、いっそう恐縮しながら伺いました。

入り口では、ヘイフンテラス以外の部署の方も丁寧に出迎えてくださり娘もとても嬉しそうでした。
7月にも大切な友人と再会した時にこちらを利用したので、その時のアシスタント・マネージャーさんも全て覚えていてくださって、終始気持ちよくもてなしてくださいました。

やはり、ご提案通り、個室を選んだ娘。
*私は毎回こちらでは半個室を利用しております。というのも窓ガラスを介した自然光で頭が痛くなってしまうことがあるのです。。
でも娘のお祝いの席ですから、一緒に心のままに楽しみたいと、薬も先に飲んでおきました!
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_05102896.jpg
目の前に皇居外苑と日比谷公園が広がる、素敵なプライベートルームです。

お外から見ると、こちらでしょうか。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_14334666.jpg

娘も早速うっとり、幸せそうに着席。
「素敵なお部屋をありがとう」とスタッフさんにお伝えしていました。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_05103117.jpg
着席してすぐに「わぁ、クルクマさん♡」と娘。

「このお花知っていたの?」とアシスタント・マネジャーさん。

今年はもう3回も我が家にクルクマさんをお迎えしていますので、娘もとても馴染みのあるお花で嬉しかったようです。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_05131425.jpg
乾杯は、リンゴジュースとノンアルコールシャンパン。

そして、なぜかお水でも(笑)
「だってとても素敵なグラスなんだもの。」だそう。本当よね♡
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_05175320.jpg
娘が撮ってくれて、ワタクシ、久しぶりのノーマスク写真
多分、コロナ禍になってから一枚もない気がする。。。どこかにあるかな?
それにだいぶ上手に撮ってくれた〜 助かるわぁ(笑)

担当さんが「ゴーヤ、大丈夫でしょうか。これだけが少々心配で…」とお気遣いくださいましたが、
「いえいえ、娘は夏休み新聞にニガウリコーナーも書くほど、大好きですよ♪」と、お兄さんにまで新聞をお見せしてしまいました(笑)
「良かった!まさかお好きとは!」と笑ってらっしゃいました(笑)

そして、一番にいただいて「味付けがとっても上手…甘くてちょっと酸っぱくて、美味しい!」といっちょこ前な食レポをしながら頬張っていました。

〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_05175783.jpg

そしてついに。。。

ブルーインパルスが!


予定時刻少し前から、お兄さんも気にしてくださっていたので「是非、娘と一緒に観てやってください」と伝えると快くご一緒してくださいました。

よく考えたら、お仕事もあるのに約20分もお部屋でご一緒くださって💦申し訳なかったですね。。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_07034912.jpg
お空が曇っていて、よく見えず。。
皇居周りにいらっしゃる方々のお顔の向きで判断する感じでした💦

みなさん、ここから見えるとご存知なのですね。
続々と集まり、びっくりしました。
前回は自宅から見ていたので、こんなに集まるとは。。

確かに、素敵ですものね。。。


お兄さんが地図とも照らし合わせてくださった上に、沿道の方々のお陰で角度も定まり(笑)

娘、すぐに発見!
私とお兄さんは「ん…あれ…かな?」と(笑)

ビルを通過したあたりでしっかりわかりました!
2回ほど見えました。楽しかった♡
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_07095381.jpg
お食事に戻って。。

本当に何をいただいても、いつも美味しい。
幸せです♡.*˚


お食事も、全ての麺類とご飯ものから選ばせてくださって、母娘で別々のチョイスをしたのですが、一人ずつ2種類出してくださいました。

ですが、流石に食べきれず娘が「お兄さん、ごめんなさい。とっても美味しいのに、もうお腹がいっぱいなのよ…」と伝えると、「いえいえ、ちょっと多かったですよね。気にしないで、ありがとうね…デザートも召し上がってほしいからね。」と優しくニッコリ。
*私のアレルギー対応など、様々な要望に応えてくださったアレンジメニュー。その場でお願いしてお品書きも作って頂きました。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_07122394.jpg
デザートと同時に、ご提案のあったケーキも登場しました!

素敵なフルーツタルト♡♡♡
美味しそう!!!
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_07163651.jpg

記念撮影もしてくださって、こちらはお土産に。

そして、ペニンシュラの代名詞とも言えるマンゴープリン(ブティック販売されているものとも似ていますが、ヘイフンテラス内で提供しているものはちょっと違うそうです。ブティックではガラスカップに入ったタイプと日持ちするタイプの2種類があります♪)

私はあまりマンゴープリンが得意ではないのですが、やはりペニンシュラは別格です。

さらに、中秋の名月に合わせて期間限定で販売されている月餅がまた絶品!
アヒルの卵黄を塩漬けしたものとカスタードを合わせた餡は、見事なオレンジで目も楽しめます。
予約以外では、オープンと同時にその日分が完売してしまうそう。

噂はかねがね、でも私は、毎度買いそびれております。
こんなに美味しかったのね。。

菊花茶、娘の方に花びらが一枚入っていて、まるで茶柱みたいで喜んでいました♡
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_07241724.jpg
そして、、
ヘイフンテラスに来るたびに「やっぱり可愛い(欲しいっ)」と思っちゃう、銀の帆船のお箸置き。
娘も一目惚れして、思わずお兄さんに「あの、これね、このお箸置きね、あのね、この、、私、これがね、素敵でね、、、あのね、、」って全然言えてない(笑)

お兄さんも笑って「ほしい?」と仰るから(笑)

「あ!!!今日は購入出来ますか?前は買えなくて。。」とすかさず、私💦


前から何度も購入したいとお店の方に伺っては、在庫切れで無念だったのです。やはり人気ですよね💦
2つ入りで8,000円位なはずです。

確認して参ります。と調べてくださいましたが、やはり香港から入ってこないようで、お店としてもちょっとお困りだとか。
そうですよね。。今は特にね。。

娘、がっくり、しょんぼり。
あまり何かを欲しがるタイプではないので、記念に買ってあげたかったなぁ。

いつかの楽しみにしよう。

その代わり、お部屋の中にある絵や飾りを楽しんで、時々隙間からお兄さんを見つけたり(笑)
そんなお相手もしっかりしてくださいました💦
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_07460204.jpg

食後、お部屋を出ると

娘が「ママがよく座るお席はどこ?」というので、案内くださって、座らせていただいていました♡
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_07460477.jpg
また、娘が美術館が大好きだと知って、
店内の装飾について、まるで学芸員さんのように様々な説明をしてくださいました。

ペニンシュラホテルのことも、勿論、このお店のことも心から愛して、誇りを持ってお仕事なさっているのが伝わります。
お兄さん自身もそのようにおっしゃっていました。


ヘイフンテラスとは『鳳凰の飛び立つテラス』という意味なので、あちこちに鳥さんの籠があって、小鳥たちも鳳凰の帰りを待っているようですね✩

美術館もアミューズメントも行けない寂しさを埋めてくださったような時間でした。

ペニンシュラ東京で一番高価な美術品でもある、香港からやってきた石の壁画の前で。
写真も撮ってくださいました♡
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_07520838.jpg

お食事もさることながら、アシスタント・マネージャーさん(お兄さん)のお優しさ、沢山のお心遣いのお陰で、とても楽しい時間を過ごせ、母娘でお別れが名残惜しかったですが、幸せいっぱい、ホクホクとお店を後にしました。

その後は、訪れる度にしているペニンシュラちゃん(ぬいぐるみ)同士のご挨拶を済ませ(笑)
✱娘のペニンシュラちゃんは、親友でもある(株)マナーズサウンドの社長さんからお誕生日に頂きました♡
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_08070624.jpg
大好きなキッチンを見学。。。
(いつも素敵なスイーツが沢山!)

この日はクリスマスケーキの試作品?やパーツが沢山並んでいて、最高に可愛かった!見ちゃって良いのかな?(笑)

そろそろ行こうかというと、小さな声で「ママ…ちょっと来てちょうだい」と手招き。
すると、パティシエさんが娘の目の前に作りたてのカップケーキを置いて楽しませてくださっていたのです♡
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_08084061.jpg
さらには、ペニンシュラベアーのチョコも♡

ガラス越しに、お優しくしていただいて、嬉しくってペニンシュラちゃんで必死に手を振る娘(笑)
お写真はお顔を伏せさせていただいていますが、とっても素敵な笑顔なのですよ。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_08114961.jpg
こちらはシンボルアート「臥龍の門」
目のようですが、竹素材で龍と宇宙を表現されています。龍神が邪気を払い、地球を護っている様子。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_14335058.jpg
帰りがけ、ページボーイさんともちょこっと会話を交わしたのですが、皇居の方へ歩いていましたら、その方が走って追いかけてくださって。
「こちら少し前の非売品なのですが、よろしかったら…」と、ペニンシュラ東京とピカチュウのコラボアメニティ・ラゲッジタグとシールを娘に渡してくださいました!!
暑い中でしたのに…なんてお優しい(涙)

ホテルから直接予約した2歳から11歳までのお子さんにピカチュウアメニティが用意されるのですよね!(数量限定なのでなくなり次第終了とのこと)

娘はポケモンを知りませんが、ピカチュウだけは学校で教えてもらったそうです(笑)
とても喜んでいました♪

ピカチュウ以外にも、キッズステイでは娘の大好きなペニンシュラベアーちゃんのスリッパやタオルハンカチなどもあるようで、お祝いにお泊まりもアリだったかもしれません♡お部屋で過ごせば安心ですものね。


その後は、皇居のお堀を眺めながら、
「今日は開会式だから、陛下もご準備なさっている頃かしら。」なんて言いながら、今回の嬉しい受賞を心の中でご報告させていただきました。

ブルーインパルス飛行の時はすごい人でしたが、もうすっかり誰もおらず、ゆったり過ごしました。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_14335536.jpg
日比谷公園も好きなので、寄りたいと言いましたが、あまりの暑さと、虫さんが多めだったので入口のみ。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_14335892.jpg
ふと振り返ると、品のいい可愛いワンちゃんが。

あ! PENINSULAのお帽子!

ドッグステイプログラムを利用された時に頂いたそうです。
ページのオリジナルお衣装を借りてお写真が撮れることは知っていましたが、こんな可愛いお帽子もあるのですね〜
可愛い〜!!!!!お似合いです♡
実家のきなこは猫なので、だめかしら。。キャットプログラム、ないですよね(笑)猫ちゃんは外泊が苦手ですし💦

「ペニンシュラはワンちゃんにも優しいホテルなんですよ。お嬢さんも、ペニンシュラへ?」と娘に話しかけてくださったので「はい!ブルーインパルスも見えました。」と嬉しそうにお応えしていました。

写真も了承いただきました♪
奇跡的に、見つめ合った1枚が撮れ、飼い主さんにもお見せし、お互いニッコリ!
素敵なひとときでした。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_14340355.jpg
帰宅し、お土産のホールケーキを主人と一緒に3人で美味しく頂きました。

素晴らしいおもてなしと、恐縮してしまうサービスのお話もたっぷり伝えながら♡

フォトカードも、とても良い記念。
*お兄さん、やっぱりカメラお上手です。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_15275392.jpg

ホテルでのお食事後、娘がお兄さんに「今日はありがとう。あのね、私、お礼状を書いて持ってくるからね。」とお伝えしました。

なのでその日の夜のうちに構成を練って、
明くる日、全力で取り組みました!
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_18331310.jpg
ヘイフンテラスを意識して、初めて『鳳凰』にも挑戦!

「…ママ、良い感じに描けたでしょう♡
でもさぁ、おうおうって、英語みたいよね」

は…?オウオウ? 
・・・鳳凰を間違えちゃったのか!

Oh,oh,じゃ、確かに英語ですよ…Uh-oh! xD

お気に入りの水彩色鉛筆でカラフルに。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_18331718.jpg
…あの
…くちばしはどこへ?
それはくちびるだよ。。。

サンバのお姉様みたいだね。。

元々、鳥類や魚類、蛇や亀など色々と混ざっている存在ですから、人面の時もあるかも…しれませんね(汗)

出来上がり!!
お手紙の字も、バランスを何度も考えて、慎重に取り組んでいました。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_18332191.jpg
お兄さんにお伝えした時、「わぁ!それは嬉しい、でも、書も欲しいです!」なんて言ってくださったので、数ある作品から、お兄さんのお名前にもある『志』をチョイスしました♡

すぐにホテルへ電話し、お礼状をお渡ししたい旨もお伝えして、アシスタントマネージャーさん(お兄さん)へ繋いでいただきました。
お兄さんに繋がって、最初に娘が出たので驚かせてしまいましたが「あの、昨日はありがとうございました。お礼状を書いたのですが、受け取っていただけますか?」と告げると、とても優しくお相手していただいて。
私が電話口を代わると、「お電話いただけるなんて、驚いてしまいました。本当に光栄です。」と、私の話にもお付き合いくださいました。

数日後に、ささやかなお菓子と共に、お伺いしました。

あの、これは、お兄さんがね、ここには鳥の神様が栖んでいるんだよって教えてくださったでしょう。だから、鳳凰を書いてみたの。もらっていただけますか?」とお渡しすると、
一風変わった鳳凰の絵も「女神感が出ていますね♡」と優しく受け取ってくださいました。

『お兄さんへ♡』と書いたのですが、写真のスペースの兼ね合いで『♡』がなくなってしまったことも伝えると「私だけが知っているハートですね!」と(笑)

せっかくなので、お兄さんとツーショット♡
この額も一緒に…と持ってくださり、娘の身体に併せて立て膝に💦
お優しさがとっても伝わる一枚です。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_18332461.jpg
まだお若いですが五つ星ホテルに見合った、素敵な方。
「私が10年後…もっと昇進して、大人になったお嬢様とまた過ごせたら、本当に素敵なことです。」と言ってくださいました。

お食事の時、受賞した作品に加え、デザイン書道をお見せした際「ここに飾りましょう(笑)」なんて嬉しいご冗談を。
「いつか私の一存でホテルに飾れたら良いですね」なんて仰るから「天下のペニンシュラさんと契約しちゃうことがあれば、この上なく幸せだね!」なんて笑いました。夢があります✩.*˚あはは。

娘、本気で目がキラキラ(ちょっと怖い)

鳳凰は、人の性格を見定め、親切な人々を祝福するとされる、世にも美しい鳥。
そんな鳳凰が栖む素敵なお店に、また四季の折に伺えたらいいなと思います。

娘、家族にとって素晴らしい思い出を、ありがとうございました。


ちなみに、この日に月餅も予約購入!

そして。またブティックへ寄って…
(パティシエさん達も娘を覚えていてくれたり。)

なんと娘が私への誕生日プレゼントを買ってくれました(泣)
どちらも、また怒涛の誕生日月間をまとめた記事(笑)に載せます♡


さらに長くなりますが、きっと載せそびれてしまうので、
今年春にお祝いで伺ったアフタヌーンティーの様子もちょこっと。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_18584689.jpg
桜のシリーズ。
こちらもカフェイン対応をしたお料理に変更頂きました💦
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_18584986.jpg
娘は、可愛らしいアフタヌーンティーも大好きですが、どちらか選ぶとしたらヘイフンテラスの方かな、ですって。
より静かでしっとりした空間だからでしょうか。
同感です♡(勿論、ロビーラウンジや他のレストランもとっても好き♪)

ホテルのオリジナルマスクも素敵✩
コロナ禍、近場を含め馴染みのホテルをいくつか利用し、マスクケースも様々。

ペニンシュラホテルやシャングリ・ラ ホテルは、丈夫で再利用可能な丈夫で可愛いマスクケースを頂けて、コロナ禍ならではの思い出になりますね◎

私は領収書入れに活用しています(笑)
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_18585279.jpg
入口の桜も綺麗でしたし、軽めのコートで過ごせる心地よいお天気で、この日もとても思い出深い1日でした。
〜サファイア色の虹〜 ペニンシュラで受賞のお祝い。_d0224894_18585517.jpg
うわぁ…今回も長くなっちゃった。

夏休みは最後の最後に、急遽謎の工芸品?に取り組むことになって(笑)
学校には提出しますが、自由研究ではなく勝手な取り組みですから、夫婦も一緒にやろう!と。家族で試行錯誤して挑戦しました。

せっかく宿題をあっという間に終わらせていたのに、、
若干慌てました(汗)

でもすっごく楽しかった!
次回載せよう。

なんだかとっても冷える日が続いていますので、皆様ご自愛ください。
我が家もいっそう気をつけます。

そして明日は大好きなかぁか(義母)のお誕生日♡うふふ

では。。。

by chihiro_anma_ex | 2021-09-02 12:00

【安間千紘公式ブログ】


by 安間 千紘
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30